■Profile

仙道緑(1000円の男)
  • 仙道緑(1000円の男)
  • 「1000円の男」の、断片的な思い出。登場人物の名前は、すべて仮名です。
  • RSS
  • まとめ
  • 「1000円の男」のblogへようこそ。

    初めて来た人は、ルールをご覧下さい。

    不快な表現や、表現不足で忌諱に触れることもあると思いますが、何卒ご容赦下さい。

    また、当blogはリンクフリーです。是非、気軽にリンクしてください。

    コメントは制限していませんが、トラックバックは許可制になっています。記事に関係の無いトラックバックは、受け付けていませんので、ご理解下さい。



    ■Link

  • 帰ってきた えろくない「絵」ろぐ。
  • 濡れた花
  • やさしくなりたい・・・
  • こむぎさん日記
  • 花色衣
  • mixi 仙道緑


  • ■Link me

  • お気に入りに追加
  • はてなアンテナに追加
  • はてなブックマークに追加
  • はてなRSSに追加
  • ドリコムRSSに追加
  • BlogPeopleに追加
  • My Yahoo!に追加
  • livedoorReaderに追加
  • PAIPO READERに追加
  • Feedpathに追加
  • Bloglinesに追加
  • Google Readerに追加
  • del.icio.usに追加
  • リンクに追加@fc2blog
  • [Q&A] Quadro Archives


  • ■Search



    ■--/--/--(--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:-- | トラックバック(-) | コメント(-) | スポンサー広告 | Page Top


    ■2006/06/29(木) キッカケ

    繁華街の雑踏の中。一人で歩く女性に、声をかける男性。
    誰もが一度は見たことのある光景だろう。ホストなのか、スカウトなのか、宗教なのか、セールスなのか、ただのナンパなのか。まだ1000円の男をはじめる前、ぼんやりと彼らを見ていたことがある。たまたま座っていた辺りが、その男のテリトリーだったのだろう。何度も何度も女性を求めて往復する姿を、何をするでもなく、体が冷え切るまで観察していた。

    その日の帰りの電車内。徐々に少なくなっていく街灯をぼんやりと目の中に流しながら、僕は先ほどの光景を反芻していた。

    最初の一声で足が止まった女性は、かなりの高確率で男性の話を長時間聞くことになる(その後、どうなるかは男性の話次第だろうが)。ということは、第一声で、女性の足を止めることができることが出来れば、成功率はかなり上がるのでは・・・。厚手のコートで身を包み、目を閉じながら、僕はそんなことを考えていた。もっとも、その時の僕は実際に声をかける立場になるとは思ってもいなかったが。


    初対面の女性の足を止めることができる、第一声。


    ただの暇つぶしにしては、面白い宿題だった。
    電車内や寝る前など、ふとした空隙にアイディアを練る。そんな作業が好きだった。シャンプーの時もそうだったが、人に発表をしなくても、新しいことを考え出したり、推敲をすることがとても楽しかったのだ。

    やがて、べとつく吊り革になんとか捕まる日々に忙殺され、僕は日々を細いオールで漕ぎ続けるのに精一杯になっていた。一人で物事を考える時間は減り続け、まだ見ぬ女性への宿題は、徐々に希薄になっていった。

    そんな冬の日。
    皮肉にも、女性へ声をかけるためのきっかけとなる言葉の元になったのは、僕へ別れを告げる言葉からだった。

    街中で声をかけられたことのある人も無い人も、応援のクリックをしてくれると嬉しいです。

    スポンサーサイト

    15:18 | トラックバック(0) | コメント(4) | エトセトラ | Page Top


    <<ルミコ その2 | ホーム | キッカケ その2>>


    ■コメント


    訪問ありがとうございます。
    男性だから成せる技ですね。
    誰にでもできないと思いますよ。
    リンクさせてもらってもいいですかね。
    【2006/06/29 21:03】 URL | カトリーヌ山田 #.nUnF6Gs [ 編集]

    私がまだ学生時代、若さゆえの過ちを犯していた頃のことでございました。
    今でいえば腐女子というのでございましょう。
    友人と二人であるイベント会場へ向かう途中、大荷物を持っているというのに
    ナンパされたことがございました。
    もう少し空気を読めと思った出来事でございましたが、何なくそれを思い出して
    しまいましてございます。
    【2006/06/29 22:40】 URL | 花矢 #u2lyCPR2 [ 編集]

    お、これ続きますよね?楽しみです(´∀`)
    ワタクシの地方はスカウトやキャッチはいまだに多いですけどね。
    とりあえずスルーの方向なのです、多すぎて。
    【2006/06/29 23:18】 URL | 甜々 #- [ 編集]
    ■コメントありがとうございます。
    そうですね。「1000円の女」は企画としてあまり成り立たない気がします。男性ならではの、企画かもしれません。リンクは大歓迎です。気に入っていただけたのなら、是非お願いします>カトリーヌ山田さん

    その鞄の中身が気になりますが・・・。家出少女と間違えられたのでしょうか。それ専門の人に声をかけられたのだったら、危ないところでしたね>花矢様

    早速続きを書きました。ご覧ください。そのスルーされている男性の中に、もしかしたら私もいるかもしれません・・・>甜々さん
    【2006/07/01 00:23】 URL | 1000 #- [ 編集]
    Page Top


    ■コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    Page Top


    ■トラックバック

    トラックバックURL
    http://1000yenman.blog61.fc2.com/tb.php/68-327d3d19
    Page Top


    |


    08 2017/09 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    ■Recent Entries

  • あとがきにかえて(03/03)
  • ケツロン(02/12)
  • 少し休みます(01/16)
  • フジエ その7(01/15)
  • フジエ その6(01/14)


  • ■Recent Comments

  • Owcherix(11/17)
  • Rdfuwnsl(11/07)
  • "MATUDA"(11/01)
  • りぃこ(10/01)
  • ゆう太(02/22)
  • kyo-ko-coco(02/18)
  • chiemi(02/16)


  • ■Recent Trackbacks

  • ばみりおんぷれじゃあないと:勇気のある人(09/21)
  • Word's Living*:リンク追加!(09/13)
  • やっぱり占いが好き!クチコミ情報局:あなたは何型ですか?(09/08)
  • オススメ!ブログの達人:今日一日僕を1000円で買いませんか?(08/07)
  • ひくちこ屋。:1000円の男。(06/22)


  • ■Category

  • 未分類 (4)
  • オモイデ (166)
  • エトセトラ (58)
  • ルール (1)
  • 名前の募集 (1)


  • ■Archives

  • 2006年04月 (17)
  • 2006年05月 (23)
  • 2006年06月 (24)
  • 2006年07月 (25)
  • 2006年08月 (28)
  • 2006年09月 (24)
  • 2006年10月 (28)
  • 2006年11月 (22)
  • 2006年12月 (23)
  • 2007年01月 (14)
  • 2007年02月 (1)
  • 2007年03月 (1)


  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。