■Profile

仙道緑(1000円の男)
  • 仙道緑(1000円の男)
  • 「1000円の男」の、断片的な思い出。登場人物の名前は、すべて仮名です。
  • RSS
  • まとめ
  • 「1000円の男」のblogへようこそ。

    初めて来た人は、ルールをご覧下さい。

    不快な表現や、表現不足で忌諱に触れることもあると思いますが、何卒ご容赦下さい。

    また、当blogはリンクフリーです。是非、気軽にリンクしてください。

    コメントは制限していませんが、トラックバックは許可制になっています。記事に関係の無いトラックバックは、受け付けていませんので、ご理解下さい。



    ■Link

  • 帰ってきた えろくない「絵」ろぐ。
  • 濡れた花
  • やさしくなりたい・・・
  • こむぎさん日記
  • 花色衣
  • mixi 仙道緑


  • ■Link me

  • お気に入りに追加
  • はてなアンテナに追加
  • はてなブックマークに追加
  • はてなRSSに追加
  • ドリコムRSSに追加
  • BlogPeopleに追加
  • My Yahoo!に追加
  • livedoorReaderに追加
  • PAIPO READERに追加
  • Feedpathに追加
  • Bloglinesに追加
  • Google Readerに追加
  • del.icio.usに追加
  • リンクに追加@fc2blog
  • [Q&A] Quadro Archives


  • ■Search



    ■--/--/--(--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:-- | トラックバック(-) | コメント(-) | スポンサー広告 | Page Top


    ■2006/06/12(月) アヤカ その8

    好きな人と恋人になれなかったときも、船が沈む映画を見たときも、友人が死んだときも涙を流すことができなかった僕の目から、一滴だけ零れた。

    「ごめんね・・・。ありがとう。」
    アヤカさんは掛け布団の角で僕の涙を拭くと、目を伏せた。その顔を見ると、彼女の目尻も少し濡れている。僕が片手を彼女の頬に添えるように当てて、もう片方の手で彼女の目尻を拭くと、彼女の目から堰を切ったように、大粒の涙が零れはじめた。僕がいくら拭いても、次から次へと流れる涙が、彼女の心にある雨雲の厚さをあらわしているようだった。

    東京のどこにでもある、ありふれた愛の旅館の一室で、二人の孤独な人間が嗚咽を漏らさないように忍び泣いていた。

    ・・・やがて、有線の音楽が何曲か過ぎた頃。アヤカさんが、口を開いた。
    「ありがとう。もう、いいよ。」
    そうお礼を言うと、頬に当てていた僕の手に触れた。
    「もういい?」
    何のことかわからず、僕は首をかしげてアヤカさんに訊ねた。
    「うん。私のために泣いてくれて、ありがとう。今日はもう、一人でも大丈夫だよ。」
    そう言って、アヤカさんはその細い腕で僕の手を顔から外した。またしてもジレンマに悩む僕の胸に手を当てると、
    「少し泣いたら、疲れちゃった。少し眠りたいんだけど、私っていびきがひどいから、寝顔見られたくないの。」
    と言って鼻をすすると、にっこりと笑った。アヤカさんは、嘘をつくときや悲しいとき、心を隠すために笑う。そんな、悲しい癖に気づく。
    「なんでも、言うこと聞いてくれるんでしょ?お願いだから、もう帰って・・・。」
    再び流れ始めた涙を僕に見せないように拭くと、アヤカさんは布団を被って壁のほうを向いてしまった。
    少しの沈黙の後、僕はゆっくりと立ち上がり、帰り支度を始める。ジャケットを着て、髪の毛を少し整えるだけのわずかな時間、アヤカさんは何も話さず、布団から出てくることもなかった。

    準備を済ませると、最後にもう一度、ベッドの方を見る。彼女を隠すその布団が、微かに震えているのに気づくと、再び僕の目頭もじんわりと熱くなってくる。ベッドの上に散乱した衣服や、濡れた床。そして、彼女に注がれていた熱いシャワー。僕は、この景色を忘れないようにしっかりと目に焼き付けると、別れの言葉を彼女にかけた。

    さようなら、アヤカさん。どうか、あなたの探す幸せに出会えますように。


    長かったアヤカ編にお付き合いくださって、ありがとうございます。コメントか、感想の代わりにクリックしていただけると、励みになります。

    スポンサーサイト

    01:12 | トラックバック(0) | コメント(4) | オモイデ | Page Top


    <<アヤカ その7 | ホーム | ハジ>>


    ■コメント


    切ないけど悲しい結末にならなくて本当によかったです。

    【2006/06/12 01:21】 URL | ゆうひ #- [ 編集]
    ■また一人
    後半は二人の感情が氾濫してましたね。
    正直5・6当たりで個人的には少しだれたのですが、8は素直に良かったです。
    これだけの長編は初ですね。明るい話暗い話など意識したりせず、1000さんの筆の赴くままに書いていけばいいと思います。これからも。
    自分を含めた読者も楽しみにしてるでしょうから。

    では。

    【2006/06/12 01:45】 URL | LB #- [ 編集]
    ■コメントありがとうございます。
    最悪という結果ではないですが、その後の彼女が歩む道などを考えると、さほど幸せな結末でもないような気がします。本当に、切ないという言葉が合う思い出です>ゆうひさん

    この日はにここ数年で一番心が動いた日でした。まだ自分の感情が揺れ動くことを確認できただけでも、1000円の男をやっていてよかったと思います。いつも応援ありがとうございます>LBさん
    【2006/06/12 23:29】 URL | 1000 #- [ 編集]

    切ないお話でございましたね。
    でも、バッドエンドではなかったのが救いのような気が致します。
    アヤカさまが幸せになることを祈らずにはいられない結末でございます。
    【2006/06/14 21:07】 URL | 花矢 #u2lyCPR2 [ 編集]
    Page Top


    ■コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    Page Top


    ■トラックバック

    トラックバックURL
    http://1000yenman.blog61.fc2.com/tb.php/52-5bc714a9
    Page Top


    |


    08 2017/09 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    ■Recent Entries

  • あとがきにかえて(03/03)
  • ケツロン(02/12)
  • 少し休みます(01/16)
  • フジエ その7(01/15)
  • フジエ その6(01/14)


  • ■Recent Comments

  • Owcherix(11/17)
  • Rdfuwnsl(11/07)
  • "MATUDA"(11/01)
  • りぃこ(10/01)
  • ゆう太(02/22)
  • kyo-ko-coco(02/18)
  • chiemi(02/16)


  • ■Recent Trackbacks

  • ばみりおんぷれじゃあないと:勇気のある人(09/21)
  • Word's Living*:リンク追加!(09/13)
  • やっぱり占いが好き!クチコミ情報局:あなたは何型ですか?(09/08)
  • オススメ!ブログの達人:今日一日僕を1000円で買いませんか?(08/07)
  • ひくちこ屋。:1000円の男。(06/22)


  • ■Category

  • 未分類 (4)
  • オモイデ (166)
  • エトセトラ (58)
  • ルール (1)
  • 名前の募集 (1)


  • ■Archives

  • 2006年04月 (17)
  • 2006年05月 (23)
  • 2006年06月 (24)
  • 2006年07月 (25)
  • 2006年08月 (28)
  • 2006年09月 (24)
  • 2006年10月 (28)
  • 2006年11月 (22)
  • 2006年12月 (23)
  • 2007年01月 (14)
  • 2007年02月 (1)
  • 2007年03月 (1)


  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。