■Profile

仙道緑(1000円の男)
  • 仙道緑(1000円の男)
  • 「1000円の男」の、断片的な思い出。登場人物の名前は、すべて仮名です。
  • RSS
  • まとめ
  • 「1000円の男」のblogへようこそ。

    初めて来た人は、ルールをご覧下さい。

    不快な表現や、表現不足で忌諱に触れることもあると思いますが、何卒ご容赦下さい。

    また、当blogはリンクフリーです。是非、気軽にリンクしてください。

    コメントは制限していませんが、トラックバックは許可制になっています。記事に関係の無いトラックバックは、受け付けていませんので、ご理解下さい。



    ■Link

  • 帰ってきた えろくない「絵」ろぐ。
  • 濡れた花
  • やさしくなりたい・・・
  • こむぎさん日記
  • 花色衣
  • mixi 仙道緑


  • ■Link me

  • お気に入りに追加
  • はてなアンテナに追加
  • はてなブックマークに追加
  • はてなRSSに追加
  • ドリコムRSSに追加
  • BlogPeopleに追加
  • My Yahoo!に追加
  • livedoorReaderに追加
  • PAIPO READERに追加
  • Feedpathに追加
  • Bloglinesに追加
  • Google Readerに追加
  • del.icio.usに追加
  • リンクに追加@fc2blog
  • [Q&A] Quadro Archives


  • ■Search



    ■--/--/--(--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:-- | トラックバック(-) | コメント(-) | スポンサー広告 | Page Top


    ■2006/09/16(土) アユミ その2

    女性らしい柔肌に手を置いて、僕は目を閉じる。鎖骨に触れる中指が、アユミさんの声に乗って微かに震えはじめる。
    「ほら、あなたの方が声が低いから、良く響くの。」
    そう言って、アユミさんは僕の手を握って、自分の胸から僕の胸へと導いた。

    アユミさんの視線に答えて、もう一度、今度は少し大きく声を出してみる。外に声を漏らさないことには、この部屋は長けているはずだ。
    アユミさんの言うとおりに、手に意識を向けると、確かに僕の胸はアユミさんよりも大きく、深く揺れている。生まれてからずっと声を出してきたが、自分の声が作る振動に気付かされたのは初めてのことだった。
    「感じた?」
    見上げるように尋ねるアユミさんに目を合わせて、僕は確かに頷く。
    「そう、よかった。」
    アユミさんは心の底から満足したという風に笑うと、裸のまま体を起こし、僕の胸に耳をつけた。
    「自分で自分の声は聞こえないから、あまりわからないかもしれないけど・・・あなたの声、とてもイイわ。低くて、甘くて、素敵よ。」
    そう言いながらアユミさんが少し体を動かすたびに、その長い髪の毛先が、何も着ていない僕の胸を楽しげにくすぐる。
    それがわざとかどうかはわからないが、天井へ向けて出している僕の声は、その度に途切れそうになっていた。
    「?どうしたの?」
    そう言って、不思議そうに僕の瞳を覗き込むアユミさん。その一つ一つの仕草が、髪を使って僕の肌を別の意味で「感じ」させている。

    なんとか、くすぐったいのを回避したい一心の僕は、しょうがないなと思いながら、ゆっくりとアユミさんの肩に手を伸ばす。
    「ん?なに?」
    攻守交替の合図は、そうやってアユミさんを抱き寄せてキスをしたところから、始まった。

    ・・・ここから先は、オトナのあなたのご想像にお任せします。

    さようなら、アユミさん。安らげる声は、他に見つかりましたか。

    モチベーションの為に、クリックかコメントをしていただけると嬉しいです。
      


    スポンサーサイト

    01:17 | トラックバック(0) | コメント(5) | オモイデ | Page Top


    <<アユミ | ホーム | モブログ失敗>>


    ■コメント

    ■声の響・・・
    低い声の響・・大好き!
    さらっとした、柔らかな描写なのに、
    熟された、素敵な気分が伝わってきました。
    優しい官能に、居心地良さを感じました。
    【2006/09/17 17:47】 URL | chiemi #- [ 編集]
    ■男性の
    そういう心の動きに全く気付いてませんでした・・・いい歳こいて・・・w
    これからは気をつけようと思いました。
    ・・・が、とっても難かしいですね。
    でも、そんなこと考えないのがステキなんだと思います。
    【2006/09/18 02:54】 URL | おこうちゃん #- [ 編集]
    ■コメントありがとうございます
    実は、声が低いということはあまり遠くへ通りづらいということで、少し自分の声にコンプレックスだったのですが、この話で、安らげる音を出せるのなら低い声も悪くはないな・・・と、少し自分の声を見直したりもした、エピソードでした>chiemiさん

    そうですね。相手をおもいやる気持ちはいろいろですが、僕が書いている文章よりも、直接向かいあった人からいろいろなリアクションをもらったほうが、後々の安心感につながるのかもしれません>おこうちゃんさん
    【2006/09/18 18:35】 URL | 1000 #- [ 編集]

    あ、大人なんで(笑)いろいろ想像しちゃいましたが。。。声か、声フェチな方もいますよね。わたしはあまりこだわりないんですが、考えてみるのは面白いかもです。
    【2006/09/18 23:55】 URL | ゆうひ #- [ 編集]

    肌が震えるくらい低い声を浴びるのが、たまらなく好きという女性がいました。やはり、女性にはない男性らしさというものが、どこかでフェチに繋がるのかもしれません。ゆうひさんのフェチも、そうなのでしょうか>ゆうひさん
    【2006/09/19 23:55】 URL | 1000 #- [ 編集]
    Page Top


    ■コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    Page Top


    ■トラックバック

    トラックバックURL
    http://1000yenman.blog61.fc2.com/tb.php/134-e01880c5
    Page Top


    |


    08 2017/09 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    ■Recent Entries

  • あとがきにかえて(03/03)
  • ケツロン(02/12)
  • 少し休みます(01/16)
  • フジエ その7(01/15)
  • フジエ その6(01/14)


  • ■Recent Comments

  • Owcherix(11/17)
  • Rdfuwnsl(11/07)
  • "MATUDA"(11/01)
  • りぃこ(10/01)
  • ゆう太(02/22)
  • kyo-ko-coco(02/18)
  • chiemi(02/16)


  • ■Recent Trackbacks

  • ばみりおんぷれじゃあないと:勇気のある人(09/21)
  • Word's Living*:リンク追加!(09/13)
  • やっぱり占いが好き!クチコミ情報局:あなたは何型ですか?(09/08)
  • オススメ!ブログの達人:今日一日僕を1000円で買いませんか?(08/07)
  • ひくちこ屋。:1000円の男。(06/22)


  • ■Category

  • 未分類 (4)
  • オモイデ (166)
  • エトセトラ (58)
  • ルール (1)
  • 名前の募集 (1)


  • ■Archives

  • 2006年04月 (17)
  • 2006年05月 (23)
  • 2006年06月 (24)
  • 2006年07月 (25)
  • 2006年08月 (28)
  • 2006年09月 (24)
  • 2006年10月 (28)
  • 2006年11月 (22)
  • 2006年12月 (23)
  • 2007年01月 (14)
  • 2007年02月 (1)
  • 2007年03月 (1)


  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。