■Profile

仙道緑(1000円の男)
  • 仙道緑(1000円の男)
  • 「1000円の男」の、断片的な思い出。登場人物の名前は、すべて仮名です。
  • RSS
  • まとめ
  • 「1000円の男」のblogへようこそ。

    初めて来た人は、ルールをご覧下さい。

    不快な表現や、表現不足で忌諱に触れることもあると思いますが、何卒ご容赦下さい。

    また、当blogはリンクフリーです。是非、気軽にリンクしてください。

    コメントは制限していませんが、トラックバックは許可制になっています。記事に関係の無いトラックバックは、受け付けていませんので、ご理解下さい。



    ■Link

  • 帰ってきた えろくない「絵」ろぐ。
  • 濡れた花
  • やさしくなりたい・・・
  • こむぎさん日記
  • 花色衣
  • mixi 仙道緑


  • ■Link me

  • お気に入りに追加
  • はてなアンテナに追加
  • はてなブックマークに追加
  • はてなRSSに追加
  • ドリコムRSSに追加
  • BlogPeopleに追加
  • My Yahoo!に追加
  • livedoorReaderに追加
  • PAIPO READERに追加
  • Feedpathに追加
  • Bloglinesに追加
  • Google Readerに追加
  • del.icio.usに追加
  • リンクに追加@fc2blog
  • [Q&A] Quadro Archives


  • ■Search



    ■--/--/--(--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:-- | トラックバック(-) | コメント(-) | スポンサー広告 | Page Top


    ■2006/12/11(月) サユリ その6

    とっくに空になっていたコーヒーゼリーと、冷めたカフェオレがやけに目に付くようになってきたのは、店内に少し長居をしすぎかなと、僕が気にし始めたからなのかもしれない。
    会話が途切れた僕達の間に流れる空気は、サユリさんの目にはどう映っているのだろう。さっき、最後に言った言葉を、微笑んで返せばよかったのかな。僕は頬に肘をついてそんなことを考える。
    「どうか、したの?」
    僕の視線が煩かったのか、サユリさんは不思議そうな顔で尋ねてきた。
    「いや、唇にコーヒーゼリーのクリームがついてるからさ。」
    「えっ、嘘でしょ?」
    そう言って、サユリさんはペーパーナプキンを手に取る。返答が「本当に?」ではなく、「嘘でしょ?」だったということは、自分のテーブルマナーに自信があるということなのか・・・。そう思いながらも、彼女が口を拭く前に種明かしをする。
    「うん、嘘。ちょっと、リアクションを見てみたかっただけ。」
    「うわ・・・やな性格。」
    サユリさんがわざとらしく怒るのを見て、僕はあえて何も言わずに、ただ、にっこりと笑う。
    「その笑顔は、凄くいい人みたいなのに・・・。」
    「まぁ、ね。騙されないように、気をつけてね。」

    「ねぇ、仙道さん。」
    「はい、なんでしょう。」
    「私は、特に変わった経歴の持ち主でも、美人でも、頭がいい訳でもありません。」
    「・・・。」
    僕が、口に任せて何かを言おうとしたのを、サユリさんは機を制して遮る。
    「でもね。そんな私と話している仙道さんは、なんだかとても楽しそうで。それが、私はとっても嬉しいです。」
    そして、サユリさんはぺこりと頭を下げた。
    「ありがとう、仙道さん。」

    黒い髪で渦を巻くつむじが見えると、僕は胸の内側に暖かい波がたどり着いたのを感じた。意外なタイミングの意外な一言は、僕を少なからず動揺させた。
    「あ、いや、その、お礼を言われることじゃ、ないんだよ。僕も個人的に楽しんでやっていることだし・・・。」
    少し泣きそうになっている。そんな自分の感情に戸惑いながら、しどろもどろに返事をする。
    「仙道さん、私の今のこの気持ちは幸せってやつなんだよ。」
    サユリさんは、自分の胸に手を当てて、僕を見ながら微笑む。僕は、照れくさいのと、店内の明かりが眩しいのと、そんなポーズをとりたかったから、帽子を深く被り直す。
    「うん、まぁ・・・俺も幸せかな。」
    一人称が変わったのは、恥ずかしさのせいだろう。これじゃ、結局経験を積んでいるのかいないのか、わからないじゃないか。ぐるぐると頭の中に自問が浮かぶ。
    「よかった。不感症じゃ、ないんだね。」
    そう言ったサユリさんの顔も、僕と同じようにちょっぴり泣きそうになっていた。
    別れ話も、不幸な話もしていないはずの二人なのに、涙が出そうな顔で、感情を零して笑いあう。ちょっと変わった二人は、名も知らないBGMを一曲だけ聴いて、その喫茶店を後にした。

    コーヒーゼリーの味は文章でしか思い出せないけれど、あの時の気持ちは忘れられません。さようなら、サユリさん。お互い、手を伸ばして、ね。

    モチベーションの為に、クリックかコメントをしていただけると嬉しいです。
      



    スポンサーサイト
    12:00 | トラックバック(0) | コメント(3) | オモイデ | Page Top


    |


    11 2006/12 01
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -


    ■Recent Entries

  • あとがきにかえて(03/03)
  • ケツロン(02/12)
  • 少し休みます(01/16)
  • フジエ その7(01/15)
  • フジエ その6(01/14)


  • ■Recent Comments

  • Owcherix(11/17)
  • Rdfuwnsl(11/07)
  • "MATUDA"(11/01)
  • りぃこ(10/01)
  • ゆう太(02/22)
  • kyo-ko-coco(02/18)
  • chiemi(02/16)


  • ■Recent Trackbacks

  • ばみりおんぷれじゃあないと:勇気のある人(09/21)
  • Word's Living*:リンク追加!(09/13)
  • やっぱり占いが好き!クチコミ情報局:あなたは何型ですか?(09/08)
  • オススメ!ブログの達人:今日一日僕を1000円で買いませんか?(08/07)
  • ひくちこ屋。:1000円の男。(06/22)


  • ■Category

  • 未分類 (4)
  • オモイデ (166)
  • エトセトラ (58)
  • ルール (1)
  • 名前の募集 (1)


  • ■Archives

  • 2006年04月 (17)
  • 2006年05月 (23)
  • 2006年06月 (24)
  • 2006年07月 (25)
  • 2006年08月 (28)
  • 2006年09月 (24)
  • 2006年10月 (28)
  • 2006年11月 (22)
  • 2006年12月 (23)
  • 2007年01月 (14)
  • 2007年02月 (1)
  • 2007年03月 (1)


  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。